クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】

イメージ

クチコミ情報

全ての分野を浅く広く網羅する行政書士
始めて法律の勉強をする人にとって、行政書士資格の勉強は非常に意義があります。行政書士は、行政機関に提出する書面を作成するのが主な仕事ですが、その為にはもちろん、法律の知識がないとできない仕事です。ですが、税理士や、社会保険労務士などのように、専門的な分野の知識よりも、浅く広くその法律を知っておく必要があります。行政書士が扱う書類の種類は実に5000種類以上にも及びます。そのためには、ひとつの分野を深く知るよりも、多くの分野を浅く広く知っておく必要があるのです。ですが、それにより、多くの知識を付けることが可能です。なので、行政書士は士業につくための登竜門とも言われています。まず、最初に法律の基礎知識を身につけることで、自分がどの分野に興味があり、どの分野が得意かを知ることもできるからです。ですが、全てのベースとなる憲法は、必須項目ですので、その基礎を学ぶ上でも非常によい勉強になるでしょう。さらに、全ての分野を網羅していることで、その就職の幅は確実に他の専門分野に比べて多いです。履歴書に「行政書士資格取得」と書いてあれば、募集する企業側も、全ての分野を広く網羅しているという認識をしますので、就職には断然有利です。